エッセンシャルオイルの楽しみ方
 
入浴
夜の入浴は緊張した神経や体をあたためてくれる最高のひとときです。
リラックス効果を高めるため、ラベンダーやカモミールなどいかがでしょうか。
朝の入浴がお好きな方には、気分をリフレッシュさせてくれるローズマリーやレモンなどがおすすめです。

方法:
精油を最大5〜6滴(はちみつを小さじ1杯5cc、又は天然塩や重層にあらかじめ精油を混ぜたもの)を浴槽に入れます。お湯をかき混ぜながらゆったりとした気分でお湯につかります。
 
手浴、足浴
手や足への刺激はとても価値のあるケアになります。
手や足を精油入りのお湯につけてケアするのが手浴、足浴です。
暑い夏に気分をスッキリさせたいときは、ぬるめのお湯にペパーミントやレモンが良いでしょう。
寒い冬なら、少し熱めのお湯に心も体も温めるローズマリーやブラックペッパーを入れてみましょう。

方法:
バケツまたは洗面器にお湯を張ります。精油を2〜3滴お湯に垂らします。
お湯をかき混ぜながらゆったりとした気分で手足をつけます(5分以上)。
 
吸入
オフィスや外出先あるいは簡単に済ませたいときに、いつでもどこでも手軽に香りを楽しむことができます。

方法:
ハンカチやティッシュペーパーに精油を1〜2滴たらし、口や鼻の近くに置き立ち上がる香りを楽しみます。
 
芳香浴
ディフューザーやアロマランプ、ファン付き拡散器、加湿器などを用いて、周りに香りを拡散させます。ティッシュに精油を付けてエアコンの排出口に挟み込むのも良い方法です。車のエアコンにも使えます。
※ディフューザーとは、精油を変化させないように熱を加えず拡散させつ芳香器です。
 
アロママッサージ
元気はつらつと毎日を過ごすためにキャリアオイルに精油を加えてマッサージをします。

方法:
キャリアオイル30mlに対して精油3〜6滴を使用します。
 
掃除
その日の気分に合った精油を用いて、お掃除を楽しみましょう。

方法:
精油を2〜3滴垂らした水やぬるま湯にぞうきんを絞り、拭き掃除に使います。